令和2年度(第9回)県立図書館・公文書館合同展示「パンデミックを生き抜くために -神奈川と感染症の歴史-」トップページ

扉画像

はじめに

 私たちは今、現在進行形で新型コロナ・ウイルスのパンデミック(世界的流行)の渦中にいます。これまでもインフルエンザをはじめ、ペストなど様々の感染症が人々を苦しめてきました。
 これに打ち勝つための「疫病除け」の伝統行事や、当時の人々が実施した対策、新聞記事や関連する図書・文献、日記や書簡等の記録資料などを頼りに、人々のパンデミック下での生き様を振り返り、これを生き抜く知恵を探ります。

 ★この展示は2021年3月31日をもって終了しましたが、現在「過去の合同展示」のコーナーで再公開中です(下記のサブテーマ名をクリックしてください)。

県立図書館担当パート 県立図書館外観

■神奈川における感染症の歴史と疫病除け

  はじめに

  1 神奈川におけるペストの流行

  2 神奈川県の伝統芸能における疫病除け

  資料一覧

--------------------------------------------------------------------------------

公文書館担当パート 公文書館外観

■流行性感冒の歴史 ―前近代の流行り風邪

 

■スペイン・インフルエンザ -100年前のパンデミックの記録と記憶ー

  第1章 数字とグラフで見るインフルエンザの流行

  第2章 国と県によるインフルエンザ対策

  第3章 『横浜貿易新報』に見るインフルエンザの猛威

  第4章 パンデミック下を生きる人々の思い(+参考文献)