平成25年度(第2回)県立図書館・公文書館合同展示「新幹線が拓いた半世紀 ~「夢の超特急」その軌跡と未来~」

【この展示は平成26(2014)年3月30日をもって終了しました】

平成26年(2014)は、東海道新幹線が開通した昭和39年(1964)から数えて、ちょうど50年になります。東京オリンピック開催の年に「夢の超特急」と呼ばれて開業した新幹線は、それからの半世紀、どのような軌跡をたどってきたのでしょうか。そしてまた、新幹線はこれからどのような未来へと向かっていくのでしょうか。昨年度に続く2回目の県立図書館・県立公文書館共同展示では、両館が収蔵する様々な図書や資料を通して、新幹線50年にまつわる過去と未来の諸相を取り上げていきます。
 

「新幹線が拓いた半世紀 ~「夢の超特急」その軌跡と未来~」


大きい画像(302KB)(PDF文書)

展示概要

  詳細は解説パンフレット〔前期〕(1356KB)(PDF文書)〔後期〕(657KB)(PDF文書)参照

第1章 〔前期〕 戦前の新幹線計画 ―東京・下関さらには中国大陸,シンガポールを結ぶ「弾丸列車」―、〔後期〕「駅(ターミナル) ナウ&ゼン」 新幹線が生んだ街、新横浜-田畑の中に新駅が誕生し、ビルが林立する都市へ変貌するまで-
第2章 新幹線誕生 
第3章 未来の超特急「リニアモーターカー」

展示期間・場所等

展示名 「新幹線が拓いた半世紀 ~「夢の超特急」その軌跡と未来~」
期間 平成26(2014)年2月14日(金曜)から3月30日(日曜)
休館日
(県立図書館)
 月曜日(祝日は除く)、3月13日(木)
展示会場 神奈川県立図書館 本館1階