収蔵資料の利用案内

閲覧手続

歴史的公文書には、個人情報等の非公開情報を含むものがあり、審査や非公開情報のマスキング作業等に時間がかかります。
資料によっては、当日中に審査が終わらないため後日の再来館をお願いする場合もあります。
できるだけ、事前のお問合せ、閲覧予約をお願いします。

なお、利用時間は、午前9時から午後5時までです(ただし、資料の出納は午前9時から正午までと午後1時から午後4時30分までです)。
また、毎週月曜日、国民の祝日(月曜日と重なる場合は翌日)、年末年始(12月28日から1月4日まで)と資料総点検期間(4月1日から15日まで)は閲覧室は休室です。

開館日カレンダー

資料の閲覧請求について

  • 歴史的公文書、古文書・私文書等書庫内資料の閲覧を希望する時は、「公文書館資料閲覧申込書」にご記入のうえ受付に提出してください。なお、当館WEB「収蔵資料検索から希望する資料を検索し、その検索結果画面から閲覧申込書を出力することができます。また、当館閲覧室内の資料検索パソコンからも同様に閲覧申込書の作成ができます。

    ・公文書館資料閲覧申込書記入例(111KB)(PDF文書)
    ・公文書館資料閲覧申込書(137KB)(Word文書)

  • 1回の閲覧申込で閲覧できるのは10点までです。
  • 資料の館外貸出はできません。(資料の閲覧室外への持ち出しは禁止)

 

資料の閲覧予約の受付について

  • 資料の閲覧予約を電話もしくはFAX、インターネットで受け付けます(基本的には資料IDが確定している資料)。

     ・電話の場合、045-364-4454

     ・FAXの場合、045-364-4459

             ・インターネットの場合、当館WEB「収蔵資料検索」の検索結果から手続が可能です。

      > 詳しくは検索サイトへ

 

閲覧室の案内と注意

閲覧室の利用について

  • 閲覧室内の資料はマイクロフィルムも含め、自由に閲覧できます(申込手続き不要)。
  • カバン・バッグ等は入口左手にあるロッカーに入れてください。ロッカーに入らない場合には、窓口でお預かりします。ただし、筆記用具・ノート等は持ち込むことができます。また、パソコンの持ち込みもできますが、操作音にご注意ください。
  • 閲覧室内での飲食はお断りしておりますので、1階ロビーの休憩所をご利用ください。
  • 携帯電話は、マナーモードにする、操作音をオフにする等ご注意をお願いします。なお、通話はご遠慮ください。

 

マイクロフィルム及びデジタル(電子)画像について

  • 原資料が通常の閲覧に耐えられないほどの劣化状態である場合などには、その複製物であるマイクロフィルムあるいはデジタル画像による閲覧をお願いする場合があります。
  • マイクロフィルムは、閲覧室のマイクロフィルムリーダーでご覧いただけます。また、印刷も可能です(有料)。
  • デジタル画像は、閲覧室のパソコンでご覧いただけます。また、印刷も可能です(有料)。

 

資料の複写サービス

電子コピー機による複写について

  • 電子コピー機による複写の作業は、資料に無理なストレスを与えて形状を歪め、破損させる危険性を高めるとともに、光の照射により劣化を促進し、資料の寿命を縮めます。
  • 上記の観点から、古文書・私文書については電子コピー機による複写はお断りしています。複写については、ご持参のカメラ等で撮影(無料)をしてください。ただし、一部の資料については、原蔵者の撮影許諾を得る必要があります。
  • 歴史的公文書については、複写作業による破損の危険性が高い資料(戦前期から昭和30年代の文書)は、電子コピー機による複写をお断りすることがあります。ご持参のカメラ等で撮影(無料)してください(これ以外の資料についても、なるべくカメラでの撮影をお願いします)。
  • 歴史的公文書または古文書・私文書で複製物(マイクロフィルム、デジタル画像)のある資料は、それを印刷することもできます(有料)。

 

資料の複写・撮影について

  • 行政刊行物、図書等の電子コピー機による複写は著作権の許容範囲内で可能です(有料)。ただし、形状や劣化度によって複写作業による破損の危険性が高い資料は、電子コピー機による複写をお断りすることがあります。
  • 古文書・私文書のうち当館に寄託された資料の写真撮影ならびに県史写真製本の複写・写真撮影については原蔵者の意向で不可となる場合や、許諾が必要な場合があります。
  • 複写や写真撮影をご希望の方は、受付カウンターに備え付けの「複写申込書」に必要事項(資料名や撮影したコマ数)を記入のうえ、提出してください。
  • 電子コピー機、マイクロフィルムリーダー、パソコンによるモノクロ複写・印刷は1枚10円です。また、平成31年4月からカラーコピーの複写サービスも始めました。料金は1枚40円です。
  • 写真撮影は無料です。撮影は閲覧室内または専用の撮影室内で、利用者ご自身で行っていただきます。資料を傷めないようご配慮願います。
  • 電子コピー機による複写の申込受付は午後4時30分までです。

 

資料の掲載等利用について

歴史的公文書について

書籍等への掲載、放送での利用については、あらかじめ当館まで届出書を提出してください。また、掲載物等を1部御寄贈願います。
様式はこちら(219KB)(PDF文書)

 

古文書・私文書について

書籍等への掲載、放送での利用については、以下のとおりです。

 

当館所蔵資料の場合

当館まで届出書を提出してください。また、掲載物等を1部御寄贈願います。
様式はこちら(219KB)(PDF文書)
 

寄託資料の場合

寄託者により対応が異なりますので、資料課(電話045(364)4461)までお問い合わせください。
 

県史撮影資料の場合

当館に掲載等に関する権限はありませんので、資料の原蔵者へご申請ください。

 

図書、行政刊行物について

『神奈川県史』等を書籍等への掲載、放送での利用をする場合については、あらかじめ届出書を当館まで提出する必要があります。なお、著作権者が存在する場合には、直接ご連絡ください。

 

レファレンス

ご不明な点がございましたら、お気軽にお尋ねください。
閲覧室での口頭によるものの他、電話、フォームメールなどでも受け付けています。
なお、過去お寄せ頂いたレファレンスの一部はこちらでご覧いただけます。
>「神奈川県立公文書館レファレンス」はこちら