資料詳細

基本情報

項 目 内 容
資料群ID 9600200000
資料群名 神奈川県特高関係資料
資料群受入区分 購入
原資料・複製の区分 原資料
利用条件
総点数 213
原資料の所在 神奈川県立公文書館
資料群の概要 神奈川県警察部特別高等課(大正12年7月~昭和20年10月)で作成、収受された文書。史料の年代は、「博徒系統調」(神奈川県警察部刑事課)が大正15年7月(1925年)と例外的に古く、他は昭和7年から昭和12年にかけて作成されたものである。主な作成機関は神奈川県警察部あるいは同部特別高等警察課であるが、内務省警保局、警視庁特別高等警察部等一部中央機関等の文書もみられる。昭和7年の5・15事件から昭和11年の2・26事件に関連する文書が多いが、資料群全体の内容は特高警察の機能を反映して多彩である。全体を大別すると、1陸海軍、2国家主義運動、3朝鮮・中国、4左翼運動、5治安に分けられる。全207点。なお、この史料は昭和58年に横浜市内で開催された古書即売会において神奈川県立文化資料館が、購入し、神奈川県立文化資料館廃止後、神奈川県立公文書館に移管されたものである。参考文献今井清一「二・二六事件前後の神奈川県特高関係文書」「郷土神奈川」16号、1985年3月荻野富士夫「特高警察体制史」せきた書房、1988年11月同 編「特高警察関係資料集成」1巻~30巻(不二出版 1991年6月~1994年6月)
資料群の来歴 昭和59年2月14日 文化資料館にて購入。
平成5年11月1日 公文書館に管理替。